サイコロジカルライン

サイコロジカルとは英語の心理的という意味を持つ言葉です。

上昇する日が続くと「今買われすぎなんじゃないかな?
そろそろ下げに転じるかもしれない」とか、
逆に何日も下落が続くと「こんなに下落ばかりが続くはずはない。
売られ過ぎだからそろそろ反発するのではないか?」
などと考えることはありませんか?

サイコロジカルラインでは、その投資家の心理面を具体的な数字にしてラインを描くことによって視覚的に表してくれるツールなのです。

売買するときに市場がいまどんな心理状態にあるのかを知ることは、
ポジションを持つときの指針となるのではないでしょうか。

指標の作成方法と見方

まず日足チャート(週足を使う場合もあります)を見て、前日に比べて上昇した日を「勝ち」逆に前日より下落した日を「負け」として勝敗をつけます。

たとえば12日間の勝敗が12勝0敗つまり12連騰すれば、100%と表し0勝12敗ならゼロ%、9勝3敗なら75%となります。

ちなみに、前日比変わらずの場合は「勝ち」としてカウントします。

サイコロジカルラインの見方

サイコロジカルラインは短期売買のエントリータイミングをはかるのに使われることが多い指標ですが、一般的には75%以上のゾーンでは買われすぎと判断し売りサイン、逆に25%以下のゾーンは売られ過ぎなので買いサインと捉えることができます。

このように数字で買われすぎや売られすぎがわかる便利な指標なのです。

HOME > テクニカル分析 > サイコロジカルライン