RSI(相対力指数)

RSIとはRelative Strength Index の略で日本語では相対力指数と訳されます。

これは、アメリカのJ.W.ワイルダー氏によって開発された指標で、
投資家に非常に人気のあるオシレーター系の指標です。

オシレーターとは「振り子」の意味で、買われすぎや売られすぎの状態を
数値として表したものです。

RSIの見方

RSIは通常9日間や14日間の上昇した日の上昇幅の合計
及び下落した日の下落幅の合計に基づいて計算します。

具体的には、上昇した日の値幅を上昇した日と下落した日の値幅の合計で割って
100をかけることによって求めます。

グラフ上には0%から100%まで表されますが、
70%以上は買われすぎと判断して売りシグナル。

逆に30%以下は売られ過ぎゾーンなので買いシグナルという風に
エントリーの参考にすることができます。

投資家によってはは買われすぎゾーンでピークをつけたことを確認してから、
反転して下落に転じたら売りエントリーするなどの使い方をする場合もあります。

RSIを使う場合の注意点

RSIのようなオシレーター系指標は、主にレンジ相場や揉みあい相場では威力を発揮することが多いのですが、強力なトレンドが発生し相場が一方向に動いているときは注意が必要です。

たとえば、急激な上昇トレンドが発生している場合などは、RSIが上の方に張り付いてしまい、ずっと売りサインを点灯したまま相場が上昇し続けるという状況が起きてしまうのです。

ですから、RSIは強烈なトレンドが発生している場合はあまり使わないか、
順張り系のテクニカル指標と組み合わせて使うことが必要になってきます。

HOME > テクニカル分析 > 相対力指数