ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの説明

ボリンジャーバンドは開発者のジョン・ボリンジャー氏の名前を冠したテクニカル指標です。株価の移動平均線を中心として、上下にプラスのマイナスの1σ(シグマ)と2σ線を描き標準偏差を使って利用します。

標準偏差とはデータの平均値からの散らばり具合のようなもので通常は、
中心値からプラス2σとマイナス2σの間に収まるものと統計学では考えられています。

ボリンジャーバンドの利用方法

統計上では中心線を基準としてプラス1σとマイナス1σの間に収まる確率は約68%、
プラス2σとマイナス2σの間に収まる確率は95%と言われていますので、
もしも現在値が2σ線の外側にあるとすれば、
その値は異常値とみなされバンドの内側に収束するのではないかと考えるのです。

順張りか逆張りか

もともとボリンジャーバンドは逆張りの指標として使われていました。

つまり「プラス2σに近づいたら売り」、「マイナス2σに近づいたら買い」のような使い方です。
しかし、為替相場では一旦トレンドが発生すると、ひとつの方向に動き続けることも少なくありません。

そうなると価格は2σ線に張り付くパターンがよく発生します。

これを利用して、2σ線に張り付きだしたらトレンド発生と見て、
順張りの売買サインとみなすこともできるのです。

通常値動きが激しい時は、バンドは上下に大きく広がり、
トレンドが小さくなってくるとバンドの幅が狭い範囲に収縮してくる場合があります。

このような場合は注意が必要で、相場が上下に激しく動く前兆であると言われています。

ポジションの額を小さくしたり、タイトなストップロスを設定するなどの慎重な対応が必要になりそうです。

HOME > テクニカル分析 > ボリンジャーバンド